ハリルホジッチの解任は不可解とは言い切れない、という話

サッカー日本代表のハリル監督が解任されてあることないこと憶測が飛び交って大騒ぎになってます。
そもそもメキシコサッカーを指向している日本サッカー界がなんで極端に真逆の戦術をとるハリルを招聘してしまったのか。この問題はここに尽きるし、監督選考については大きな問題があったと思います。


それはそれとして、ハリルの解任理由が不可解でありスポンサーに忖度して解任したのではないかというような噂が広がり、人は信じたいものを信じるものですから多くの人がこの説に乗っかり、「スポンサーの圧力に屈して今まで頑張ってくれたハリルを解任した」という言説での協会批判が湧き上がっています。

実際にスポンサーの圧力がどうだったのかは知る由もありませんが、それほどハリルの解任は不可解なものだったのでしょうか。


僕はハリルの試合内容はかなりひどく、また従来日本サッカーが目指していたものとも大きく剥離したものだったのは事実だと思っているので、選手間や協会内部に試合内容の観点から不満がでたり、純粋にサッカーの内容の評価の結果として解任となっても全然おかしくなかったかと思います。



日本サッカーがそれまでやってきたこととハリルのサッカーを比較する時に、ポゼッションサッカーと縦に速いサッカーという形で対比されます。縦に速いサッカーを指向したハリルですが、今回の解任騒動に当たってはポゼッションサッカーをやりたい協会が「縦に速いサッカー」をやるハリルが嫌で解任した、と言う人が多くいます。それで「時代は縦に速いサッカーが主流だ」「協会の好きなサッカーじゃないと解任するのか」といった批判に繋がっています。


しかしこの批判は誤りです。ハリルの戦術は縦に速いモダンなサッカーという観点から見ても全然ダメなのです。

ハリルサッカーの問題は以下の記事がよくまとまってい、僕としては同意見です。
pal-9999.hatenablog.com



僕の考えを簡単にまとめます。

サッカーにおいての攻撃は大きく2つのパターンに分けられます。それは速攻と遅攻です。速攻とは「相手の守備陣形が整う前にシュートを打つ」攻撃であり、遅行とは「守備陣形が整った相手の守備を自力で崩してシュートを打つ」攻撃です。


そして一般的に「縦に速いサッカー」というのは速攻局面での攻撃の話題になります。相手からボールを奪った瞬間、無駄にボールをキープしないで、相手がフォーメーションを整える前にボールを前に運んで相手ゴールを攻略します。この攻撃方法は今では主流な得点パターンであり、チームがポゼッションスタイルかどうとかはほとんど関係なくメキシコやスペインでも採用されています。従って日本代表がこの攻撃を採用するのは当然の流れであり、「ハリルの縦に速いサッカーが日本に合わなかった」というのは少しずれている議論なのです。


ハリルサッカーの問題は遅攻に集約されています。どんなに縦に速いサッカーを指向しても、実戦の中ではボールを奪った瞬間に相手がパスコースを切ってきたり、奪った後にファールやスローインなどでリスタートして遅攻に移行する場面の方が多いのです。先に紹介した記事に記載のある通り、ハリルは遅攻の時でもDFから前線へロングボールを蹴り込むというスタイルを確立しようとしていました。しかし、遅攻というのは相手の守備陣形が整っている状態で攻撃するということなので、このロングボールが成功することはほぼありません。


つまりハリルの遅攻プランは、最終ラインからロングボールを前線に蹴り込み当然相手に防がれるが、そこで相手に渡したボールに対してディフェンスを開始し、そこでボールを奪えた場合には運が良ければ相手の守備が崩れた速攻局面になっていることがある、というものなのです。


そして、能動的な攻撃は一切仕掛けないというこのハリルの遅攻プランは「モダンな縦に速いサッカー」ではありません。縦に速い現代のサッカーにおいても、遅攻の際にはある程度能動的に相手の守備陣形を攻略しなければ得点は奪えないのです。


実際、ハリルもアジア最終予選では遅行の際にはMFでのショートパスでの攻略を容認していました。個人的にハリルジャパンのベストゲームは最終予選アウェーのUAE戦だと思っていて、この試合では香川と今野のセンターハーフが攻撃の中心になり相手DFをてんてこまいに攻略して、大一番での勝利につなげました。



おそらく協会(そして選手)が問題にしているのは、最終予選後に行われた強化試合です。
これらの試合から、ハリルは遅攻でも中盤を完全に省略してDFからFWへロングボールを蹴れという指示を強めていき、3月のベルギー遠征では最終ラインがロングボールを最前線に蹴り出すか、がっちりマークされているウイングが下がってボールを受けて潰されるかの2択のような状態になり、遅行の時にボランチが攻撃に絡んだケースはほとんど皆無でした。当時の報道によると、前線の選手が下がってボールを受けようとすると怒られるという状態のようでした。

おそらく、ワールドカップ本番での強豪国との試合を見据えて、カウンターリスクのある遅攻は完全に捨てて速攻だけで攻撃しようという意図があったと思います。

しかし選手からもコメントが湧き上がっていたように、相手のレベルが上がると相手からボールを奪うことも難しくなるので、遅攻は遅攻として能動的に相手を攻略する手段を用意しておくべきなのです。



そんなわけで解任騒動について話を戻しますと。

遅攻の際にロングボール一辺倒という異常な状況がこの半年間続いていて、結果としても内容としても全くうまくいっていなかったわけですから、日本サッカー協会が容認出来なくなって解任に至ったとしてもそれはそれで筋は通ってるんじゃないかなと思います。スポンサーからの圧力がなくてもね。

また、この解任騒動で日本サッカーが10年退行したという話もよく見かけますが、ハリルがおそらく本番で採用しようとしていたであろうロングボール一辺倒の遅攻こそ、数十年退行したサッカーそのものなのではないでしょうか。

ストラトキャスター

書くこともないのでとりとめもなく大好きなストラトキャスターの話をする。


一概にストラトキャスターといっても長い歴史で色々なモデルがあるのですが、なんといっても54年モデルのストラトキャスターが超かっこいいわけです。

ameblo.jp

こいつが

  • ライトアッシュボディ
  • メイプル1ピースネック
  • 2トーンサンバースト

この組み合わせなんですけどこれがもうかっこいいんですよねぇ。音も軽くていいんですよねぇ。


ストラトキャスターのボディ材というと

  • ライトアッシュ
  • アッシュ
  • アルダー

というのがメジャーどころなんですけど、ライトアッシュはストラトの中でも初期のモデルで使われていたものです。木が軽いので音域幅があり明るくて軽い、いわゆるザ・枯れた音という感じが特徴です。

その分低音はふにゃっとするみたいで、木が重くなればなるほど低音がかきっと鳴るようになるみたいです。


ストラトキャスターのネック素材というと

  • メイプル1ピース
  • メイプルネック+メイプル指板
  • メイプルネック+ローズウッド指板

のあたりがメジャーどころです。メイプルはすっごい硬い木なのでクリアな音になるみたいです。ローズウッド材はやわからいので、これを指板に採用しているものは音がやわらかくなるみたいです。メイプル1ピースとメイプルネック+メイプル指板とで音が変わるのかは謎・・・。


ストラトキャスターのデザインというと

  • 2トーンサンバースト
  • 3トーンサンバースト
  • カラーリング

あたりがメジャーどころです。まあこれは完全に好みの問題なんですけど、やっぱりライトアッシュのキレイな木目の出てる2トーンサンバーストがもっともかっこいいのは確定的に明らかなわけであります。



昨今はストラトのシャープで軽くて明るい枯れた音みたいなのはあんまり使われてないのかなぁっていう感じなんですけど(シングルピックアップだからノイズも多いし)、まあさりとてこの音が好きでギターを始めたわけだからこれからもこれでいこうと思います。

でも今はジャズマスターがほしいですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

2018年1月~3月 飲みに行ったお店

もうすっかり反知性主義的な立ち位置へのコミットメントを深めているので今年は飲みに行った記憶しかありません。なので今年飲みに行ったお店くらいしか書くことがありません。なので粛々と書きます。

1/13 秋吉 池袋店

安定の焼き鳥店。安定の美味しさ。
tabelog.com


1/20 鳥光國 上野店

まかせてたら連続焼き鳥になった。山芋焼いたのが美味しかった。
アクセスが制限されています[食べログ]


1/27 すしざんまい 本店

すしざんまいは築地の店がやっぱり美味しい気がする。
tabelog.com


2/9 赤津加

秋葉原No1の老舗居酒屋。鉄板居酒屋メニューがどれも美味しい。
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13006329/


2/10 焼肉工房やきや 名駅うらみせ

名古屋飲み。炭火焼肉。網交換の素早さがすごい。
tabelog.com


2/10 ALEGRIA

焼肉の後に名駅近くのスペインバル。大きなテレビがあってオリンピックが見れた。
tabelog.com


2/17 大衆ビストロ ガルニ

上野で昼飲み。美味しいし静かだしすごくよかったまた行く。
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13153130/


2/24 清水 KAKUREGA

もつ鍋。生肉。超美味い。食べ過ぎてノックダウン。
tabelog.com


3/9 クイーン オブ チキンズ ヨドバシAkiba

ロティサリーチキン。アキバで困ったらヨドバシの上いっとけば間違いない。
https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13190331/


3/10 CONA 上野店

ピザ飲み。ピザ含め全メニュー500円。食べすぎた。
アクセスが制限されています[食べログ]


3/30 すしざんまい 秋葉原昭和通り

すしざんまいが秋葉原に大復活。サイドメニューが少ない気がする。お花見からの寿司飲み。
tabelog.com


3/31 大衆酒場BEETLE 浦和店

飲んでばっかで看板メニューなんも食べなかった・・・。次行ったらもつ煮込みを食べる決意を固めた。
アクセスが制限されています[食べログ]

小学校のメンタリティ

昨今話題の、頭のおかしい男性が女性専用車両に乗って電車が遅延したこれ。


たしかにこれに関しては男性側がマナー違反だとは思うし、男性の女性に対する攻撃性というのはたしかに存在するから女性専用車両はあっていいと思うのですけど、でもやっぱりこの男性を降ろすためにわーわー騒ぐのは大人のすることじゃないですよ。


男性が乗っても問題ないというルールだし、少なくともこの男性がこの状況で痴漢をしないのは明らかなので、公共空間を利用するってことは、この男性みたいな犯罪性はないがちょっと変な人たちの存在を我慢しないといけないんですよ。


この動画の女性からの「おーりーろ!」コールはマジで熱くて、この人たちの精神構造が小学校の男子と女子の喧嘩から何にも変わってないのがこの動画を見ればあきらかだし、こういう小学校のノリのまま育った人達が日本中にたくさんいて、この社会の同調圧力を生んでるんだなぁって。

心の闇

生い立ちに由来した僕の闇がなかなか深いことに改めて向き合うことになっている。

闇を抱えていることによって見えてくるこの世界に対する視点を僕はなかなか気に入っていて、今となっては僕の長所になっているとさえ思っている。


しかし現実問題としてこれによって様々なものを失っていることもまた事実なので、ちょっと今年はこいつをぶっ倒すことにした。

特急かいじ195号 と LUNARIA

2017年の大晦日に東京から山梨へ帰省したわけなのですが、この時に乗った電車がたまたま特急かいじ195号でした。

特急かいじ195号はかなり古いタイプのかいじで、年に数回だけ運行しているらしいです。それも2018年には完全に引退するらしく、大晦日の新宿駅撮り鉄だらけになってて異様な雰囲気になっていました。


まあ僕はあんまり興味はないのですが、これくらい古い列車に乗るのはなかなか貴重な体験で、まず車内が超寒いわけです。たぶん隙間風的なものが入ってきてるので、山梨の山奥に入ったあたりから車内は極寒、特にトンネルにインした時は一気に冷え込んでトンネルやべーわとなってました。

窓ガラスもまじでただのガラスで、すごく冷たくなっていて、結露でびしょびしょになってました。


そんな感じで昔の人の厳しい環境を実体験しながら帰省したわけですが、この列車が甲府駅についたらゲーセンの客に10年ぶりに会うというそこそこなイベントが待ち構えていたので、冷え込む車内とは裏腹に気分はけっこう高ぶっていたのですよね。

それでこの頃はChouchouのLUNARIAという曲がすごく好きだったので、気分を落ち着けるために極寒の車内でLUNARIAをひたすらループして聴き続けて帰っていたのですが、結露で滲んだ窓ガラスの向こうで輝く太陽の光とLUNARIAという曲がとてもマッチしていて、非常に美しかったんですよね。 

あの光景も心象風景のような感じで心に焼き付いているので、もしかしたら一生忘れないのかもしれません。


晴れたら空に ルナリアを蒔いて
暗い闇が私を抱く頃
心奪って 手を離さないで
光が待つ場所へ 連れてって

10年ぶりの再会

僕は大学生の時にゲームセンターでバイトしてたのですが、その時に仲がよかった常連客の出会った当時中学3年生だった女の子とここまで細々と連絡を取り続けていて、去年の大晦日に10年以上ぶりくらいに会ってきました。

中学3年生だった彼女も今は29歳。学費を稼ぐために夜のバイトとかもしたりしながら色々熱い10年を歩んで来たようで、当時からかわいかったんですけどほんと見違えるように素敵な女性になっていたりしました。


10年ぶりにね、10代だった女の子がいきなり29歳になって目の前に現れるというのはなかなか経験出来ない出来事だと思うのですが、まあ色々と考えさせられました。人って成長するんだなぁというか、色んな可能性があるんだなぁというか。

あとは、先日16年間部屋に監禁された末に死亡した女の子の事件がありましたが、この成長の20代を全部2畳の部屋の中で過ごしたっていうのが、ほんと悲しいなぁっていうのも思いました。


それはさておき、個人的にはこれはなかなか大きな出来事で、僕は社会人になってから仕事で歯向かうやつは片っ端から粉砕していくというジャックナイフっぷりを研ぎ澄ましていたのですが、そんなことを続けているうちになかなか重度の人間不信に陥ったまま今日に至っていたのですが、なんかよく分からないけど彼女と5時間くらい話をしただけで、この10年間積み重ねてきた人間不信のようなものから解放された感覚があるんですよね。

これもなかなか個人的にすごいなぁと思って、人にとって特別な人っているんだなぁみたいなことも思いました。


寛容さというのが僕の人生のテーマみたいになっている昨今ですが、僕としては寛容さを維持するために人と深く関わらないというやり方をしていたんですよね。でも彼女は他人と関わって傷つけられても、それをネタ化して許しちゃうみたいなことをしていて、なかなかの衝撃でした。すげー人がいるんだなって。まあ行き過ぎた寛容さは危うくもあるんですけどね。

とりあえず僕もそんな彼女を少しは見習いたいなーと思いながら、今年は僕がいままでスルーしてきた人達と飲みに行こうと思って片っ端からLINEを送った結果、すでに飲みの予定がやばいことになってますが、頑張りたいと思います。


彼女と会って僕だけが一方的に救われた感覚があるので、僕も形はどうあれ何か彼女の力になれたらいいななんてことを思いつつ、まあしかしそんなこと言われても彼女も困ってしまうだろうし、まあなんかそんな感じでやっていきたいと思います。


普段はあんまり私生活のことをネットには書かないですが、個人的には人生を変えるような出来事だと感じているので、この出来事を忘れないためにもここに書いておきましょう。

みなさまもよい出会いを。