いい子ちゃん達の世界

今年たくさんサシ飲みを開催して印象的だったことの一つは、飲んでると「タバコもらっていいですか」って言われることが多かったことだ。

みんな普段はタバコとか持ったこともないような顔をしながら生活している人達だったから意外だったというか、相互監視というかカント的モラルが社会から求められているこの時代にみんな頑張っていい子をやってるんだなぁって思った。

それで、いい子じゃなくてもいい空間を作りたいなって思った。

僕は普段は基本的になんでもおkな感じで生きているので、一緒に飲みに行ったりすると抑圧されている部分を解放してあげられたりすることもあるのかもしれないけど、そうはいっても今年みたいなペースで飲み続けてたらお金と体がもたないので、飲みはちょっとおしまいにして他の方法で何かしたいなぁなんてことを、最近はよく考えているけど、はたして。

ダメだからダメ

僕は昔から炎上しやすい人が好きなのですけど、炎上しやすい人って「ダメだからダメ」とノリで善悪を判断しないで「それ本当にダメなの?別の見方もあるよね」と一歩立ち止まる人で、そういうノリの悪いことをやってると「は?バカだわ。そんなのダメに決まってんじゃん」と炎上することが多いわけですね。


っちゅーこんで

が大事なわけです。


でもSNSの普及によって自分の頭で考えることが非常に難しくなってるのは事実で、最近は繋がりすぎないの大事という言説もけっこう出てきましたが、そういう意味では2011年の時点で「コミュニケーションをとらないことが重要」という本を書いた東浩紀さんはなかなか正しかったですね。

ちなみに自分の頭で考えるというのは他人の意見を参考にしないということではなく(それは不可能)、環境のノリに合わせないということです。

音楽ソフトを新調しました

なんだか最近「RISE UP」という言葉が頭の中をぐるぐるしていて、思い返せば10年前の僕が大好きだったインターネットはけっこう「RISE UP」感あったなぁと物思いにふける毎日です。当時のインターネットのムーブメントはニートを象徴に今ほど市民権のなかったオタクとか、社会の本流に乗れてない人たちが中心になってこの社会を下剋上してやろうという雰囲気が全体的にありました。ただ、そんなインターネットも今となってはSNSを中心にして出る杭も落ち込む杭もがんがん打っていくフラットシステムのような感じになってしまって、10年前とは真逆の空間になっているなというのが個人的な感想です。


おそらくインターネットのフラット化の傾向はこれから監視技術の発展によりますます強くなっていくと思うのですが、じゃあどうすっぺかなぁと考えた時に音楽はけっこういいのかもしれないです。特にSNSの普及に伴ってライブが人気になっているのは面白くて、ライブ会場(あるいはクラブとか)っていうのはフラット化する社会の中にあってフラットに振る舞わなくてもいいことを許された数少ない空間なんじゃないかなぁ。って思います。


もともと曲作るの好きなので、最近もちまちまと何曲も作ってたのですが、ネットにアップするとなると作りこまないといけなかったりけっこう大変なのであんまりアップしてませんでした。まあでも音楽頑張ろっかなと思うのでネットにも上げていこう!って思ってた矢先にDAW入ってるPCが立ち上がらなくなってしまいました。それで、その環境ももうけっこう長い間使っていたのでちょうどいいから音楽環境を一新しようと思いました。運よく一番お金のかかりそうなPCは去年そこそこハイスペックなゲーミングPCを買ってて買い足す必要がなかったので、ソフトだけを最低限揃えました。


ってか超散財です。今年は毎週飲みに行ってみたり色々旅行に行ってみたり仮想通貨は暴落するしでもう大変ですよ。しばらくもやしと卵を食べて生きていきます。


以下のものを買いました。今作ってる曲ならこれだけあれば十分かなと思うのですが、最近はFuture Bass聴いてることが多くてそっちも作ってみたいので、適時買い足しですねぇ。まとめ買いしなければそこまで高くないはずだ。そうに違いない。

Steinberg スタインバーグ DAWソフトウェア CUBASE PRO 9 通常版 CUBASE PRO/R


前までSONARを使っていたのですが、いろいろあって開発中止になったりしてたので、憧れのCUBASEを買っちまいました!やった!


Steinberg スタインバーグ バーチャルサンプラー サウンドクリエイションシステム HAlion 6 通常版


何はともあれマルチ音源がないと厳しいので、せっかくCUBASEなのでHAlionを買ってみました。音源に加えてシンセもついてて使いこなせば色々出来るらしい。


XLN Audio Addictive Drums 2 ソフトウェアドラム音源 スタンドアローン/VST/AU/AAX対応


以前はAD使ってましたが使い慣れてるのもあるのでAD2買いました。生音ドラムだとスタンダードなやつですかね。



IK Multimedia MODO BASS クロスグレード版 - フィジカル・モデリング・エレクトリック・ベース音源【国内正規品】


僕はギターベースドラムのバンド構成の曲作ること多いのですが、ギターは自分で弾いて、ドラムはADがある。となるとベースもかっこいいのにしたいということで専用音源を色々見てみたらこいつが今強いらしいということで購入。かっこいい音鳴りますし、ベースのモデルや弾き方も色々選べるしUIも分かりやすいしでけっこういい感じです。

マジョリティとマイノリティの優先度のようなもの

チケットボード関係の話を色々見ていて今更ながらに気付いたのだけど、僕の中にはマジョリティを優先させるべきという想いとマイノリティを救うべきという想いと両方が存在している。


たとえば、チケットボードであれば楽しみにしてライブに出かけて行って身分証がなくて入れないなんてことがあってはならないと思っている。あるいはキラキラネームであれば、キラキラネームを糾弾して新しいキラキラネームの人達を生み出さないことよりも、今すでに存在しているキラキラネームの人達がキラキラネームであることを気にせず生活出来るすることを優先するべきだと思っている。


つまり、マイノリティを優先するべきだと思っている。一方で、


労働時間問題についていえば、過労死した人の体力に全体が合わせるべきではないと思っている。20代の体力があればほとんどの人は月80時間残業して働いても大丈夫だ。熱中症についても、ほとんどの10代の学生は炎天下で部活やったり、休日返上してスパルタ練習してても大丈夫だ。


つまり、マジョリティを優先している。


このように自分の中には両方の感覚が存在している。それで、この感覚が世間と真逆であるとも感じる。身分証忘れてライブ会場に来た人は自己責任だし、過労死した人に対しては最大限繰り返さないようにしたいと思っている人が多いと思う。


両方の感覚が存在しつつ感覚が世間と僕とで逆転している現象はなんだろうか?


と、ここで終わるつもりだったけれど、書いてる途中で思いついた。

労働時間や部活については、全員に規制をかけることで問題を解決しようとしていて、その場合に中には存在する「もっと働きたい人」や「もっと練習したい人」という個々人の感情を僕は支持しているのだと考えることが可能で、そうするとマイノリティ支持で統一されてクリアになる。

ちゃんちゃん。

作曲のしかた(僕編)

8月はひたすら曲を作っていたのでやってることをメモしておこうと思いました。

作曲の仕方とググってみてもトニックコードがうんちゃらこうちゃらと最初からよく分からんくてお手上げになってしまうと思うので、僕は昔から作曲って何かと何かを組み合わせるプラモデルみたいと思ってるので、そういう方向性での作り方で書いてみます。

対象はポップスであくまでも我流です。実は正しい何かがあるのかもしれません。



① 作る曲のイメージを定める

僕が思うにこれが最も重要で、勝敗(?)は一番初めに決まるのです。どんな曲を作るか曲の全体像を漠然とイメージします。

既存曲をイメージするのが基本ですが、ここでのイメージが鮮明すぎると最終的に丸パクりみたいな曲が出来上がってしまうので抽象的な状態にとどめておくのがいいです。といっても難しいのですが、僕の場合はここであの曲とあの曲とあの曲とを足して3で割ってみよう的な感じにすることで抽象化することが多いです。

あるいは、お風呂に入っている時に突然こんな曲いいかも!と湧いてくることもあります。

まあ、とにかく何かしらの目標を設定します。それがスタート。


ここではとりあえずコネクトみたいな曲を作ろうということにします。


② 目標を分析/分解する

①で決めた目標のような曲を作るためにはどうするか、目標を分析して特徴を調べます。最低限の耳コピスキルが必要です。

たとえば一番わかりやすいのはテンポですね。バラードだったらBPM80~100くらい、ダンス系なら120~150くらい、ハイテンポなら180~200とか。まあテンポは既存曲を丸パクリしてもOKなポイントです。

他に大きな特徴になりやすいのがメロディ/コード/リズム/音色です。ということで、まどか☆マギカのOPを例にとって特徴に分解してみます。


コネクトはどんな特徴があるでしょうか。サビをざっくりみてみます。

  • テンポは170くらい。
  • コード進行は「B/C#/A#m/D#m」が基本になっています。シャープとか出てくるとよく分からんのでキーを上や下にずらして正規化します。すると「F/G/Em/Am」でシャープがなくなります。「F/G/Em/Am」はJpopにめっちゃ出てきて王道進行とか言われてるものです。分解したことでコネクトも王道進行を使っていることが分かりました。
  • メロディはコードとのハーモニーを見てみます。サビの第一音目「目覚めたこ」の「こ」の部分ですね。この音はA#(ラ#)になってます。最初の和音がBなので、コードBの上にボーカルがA#で入ることで、全体のハーモニーがBメジャー7thという和音になっています。特にボーカルは一番目立つ音なので、メジャー7th(3和音+ルートの半音下のコード)感が強調されています。
  • 音色は1音1音よく聴くと、ドラムベースギターのロックスタイルにストリングスとピアノを入れた構成が基本になっています。
  • リズムも基本的な8ビートです。


はい、とりあえずざっくり特徴分析しました。まとめると、

  • テンポ170くらい。
  • コード進行はF/G/Em/Am。
  • メロディは第1音がメジャー7thなので、コードがF(ファ)だからE(ミ)から始める。
  • 音色はドラムベースギターストリングスピアノ。
  • 8ビート。

です。逆に言えば、この特徴を制約にして作ると、コネクトみたいな曲が出来るということです。ここに挙げた以外にも、まだまだ他にも特徴がひそんでいるので、可能な限りコネクトを分解して色々な特徴をあぶり出していきます。特徴がたくさん分かっているほど、色々とアレンジすることが出来るようになります。



DAWを開く

これ超重要です。重い腰を上げてこれが達成できればもう曲は出来たようなものです。オケまで考えるのであれば音符を入力して音を出すシーケンスソフトはマストだと思います。頭の中で全部決めてたら頭がおかしくなりますし、実際鳴らしてみないと分からないことも多いです。



④ 作り始める

DAWを開いたら曲を作り始めます。手を動かして音符を入力しさえすれば何かしら出来るのが音楽のいいところ。

何から入力していくかはなかなか場合によって分かれるところです。最近はリズム(バスドラム)から入力していくことが多いです。だいたい以下の感じが多いですね。

  1. サビ全体のバスドラムを入力する。
  2. ピアノとか聴きやすい音色でサビ全体のコード進行を入力する。コネクトのF/G/Em/Amはみんなやってるのでそのまま入力しちゃっても無問題。4回繰り返すだけで立派な曲。
  3. メロディを入力する。コードを聴きながら鼻歌で作ってみるとか適当に楽器を弾いてみるとか。コネクトにするためには、最初のコードがFだと第一音がE(ミ)縛りですが、偶然の要素も大切なので、良いメロディが出来たらこの縛りはあっさり却下しちゃっても問題ないです。


これですごい簡素ですがリズムコードメロディが鳴っている状態になりました。個人的にはこの状態で自分で聴いていい感じになってないと、ここから先に進んでもきびしいかなと思います。



以下は順不同。ノリで作りたいとこから作ってきます。


残りのセクションも作る

サビの基本形が出来たのでAメロとかBメロとかも作ってきます。作り方はサビと同じです。ただ、サビと同じ特徴を使ってしまうと曲のメリハリがなくなってしまうので、別の特徴をどこからか持ってきて使います。なのでたくさんの曲を分解して、特徴をたくさん知ってると色々な曲を作れます。知ってる特徴のことを別の言い方で「引き出し」とよく言いますね。



完成

ここはエンジニアリングな要素が大きく技術が求められます。良くしようと思ったら際限なく難しいですが、基本的な音色は決まっているのでとにかく聴きながら頑張って入力していきます。これももう何度もやって色々なパターンを習得するしかないですね。まあ何はともあれ、ギターとベースとドラムとストリングスとピアノを入力すればきっとコネクトみたいになるはずです。

あとハーモニーも大事で、たとえば同じ音域のドとレが同時になっていると不協和音でごちゃーっとする(それを狙う時もある)ので、特にボーカルとは2音以上離してボーカルとオケとが綺麗にハーモニーするようにするとわりと簡単に良い感じになります。


まとめ

ここまでやればコネクトみたいな曲がだいたい出来上がってるはずです!全体が出来たら修正調整修正調整を1か月くらい暇な時に繰り返して、完成です。

といっても、コネクトみたいな曲はコネクトみたいな曲にしかならないので、色々とアレンジする必要があります。リズムを変えてみるとかメロディを変えてみるとか、コネクトから特徴をいくつか差し替えることでオリジナル曲っぽくなってきます。


作曲の練習的なところでは、②の分析分解を色々な曲でたくさんやって引き出しを増やすのがとても重要だと思います。引き出しが増えてくると①の段階でのレパートリーが増えて、特徴ベースで考える事が出来ます。あのリズムにあのコード進行使ってみようとかという感じで。

よく、曲する人が「音楽が音符に聴こえて純粋に楽しめない」と言ってたりしますが、それはこの②の作業が癖になっていて自動的に始まっちゃうからでしょうね。でもなんか「音楽が音符に聴こえて~」とか言うとかっこいい感じがするのでいいんじゃないでしょうか!