ヤンキーたちの行方

ずいぶん前から薄々思っていたけど、インターネットはヤンキーたちに優しくない。

破壊と創造はセットだ。シヴァ神は一人で全部やっちゃういけど、人は個々の能力が小さいので破壊する人と創造する人と現状維持する人との役割が分けられて、集団として1つの生態系が出来ている。SNSの普及によってその一方が強烈に締め付けられているのではないか。

SNSが爆発的に普及した2010ころ、ヤンキーたちも狼煙を上げていた。冷蔵庫に入ったりしてたやつだ。しかしそれらは結局倫理の名のもとに制圧されて今ではすっかりそういう話は聞かなくなった。人のもっている本能がたった数年で根本から変わるわけもないので、彼らの心はどこか抑圧されて承認欲求が満たされないままくすぶっているんだろうなとここ数年感じていた。


というのが、この世界的なハロウィン騒動の背景なんだと思う。
www.huffingtonpost.jp
www3.nhk.or.jp


この騒動をまた抑圧という方法で解決するのか、はたまたいい落としどころを見つけるのか、政治的判断が問われるところだ。


アメリカのトランプ大統領が当選した背景も、経済的背景というよりもむしろ承認の問題が大きくて、あれ全体をヤンキーの反乱と見ることが出来る。トランプ支持者はよく言われる経済的理由よりも深層心理的にはむしろインターネットの破壊を志しているのではないか。経済的に見るとトランプ政策は非合理だらけで支持者はアホとかよく言われているが、アンチインターネットそのものが目的だと考えるとずいぶんとしっくりくる。


なので、渋谷のハロウィンにどう対応するのかというところは、けっこうこの国を左右する重要な問題なのかもしれない。抑圧しても彼らの衝動が消えるわけではなく、トランプ政権誕生のようによりクリティカルで致命的な形で発露してくる可能性が高い。


SNSの普及により「汝の信条が普遍的法則となることを、その信条を通して汝が同時に意欲できる、という信条に従ってのみ行為せよ」というカントの義務論が亡霊のように復活してきたとは、東浩紀さんの言葉だ。要するに「みんながやると困ることはやるな」っていう話で、SNS上ではこの倫理観がとても蔓延しているのですが、「みんながやると困るけど、みんながやらなければ大して困らない」ことがこの世界にはたくさんあって、そういうものをある程度解放してあげるのが重要だと思う。ただ、SNSでは仕組み上そういった許容は出来ないことが分かってきたのがここ数年でもある。SNS的なものは将来的になくなる可能性がある、というのも東浩紀さんの話で、僕はこれにとても同意します。


オタクたちが2次元美少女批判に対して勝手にやってるんだからスルーすりゃいいだろと主張するのと同様に、ヤンキーたちのやってることもある程度スルーしていくのがいい。

千葉雅也さん好き

渋谷のハロウィンお祭り騒ぎについて、ああいうのに対して僕はけっこう好意的に受け取るんです。

ただそのあたりの考え方が、僕の観測範囲にインテリの人達やITの人達やオタクの人達が多いのもあって、特にここ数年は世間と全く考え方が合わないなぁって感じてどうしたものかなと思ってます。

そういう中で千葉雅也さんは貴重っていうか心のオアシスっていうか、僕にとっては正しいものの見方をしていると思う。


渋谷の人達とか、お祭りが終わったらみんな良い子の日常に戻っていくんですよね。ただあの瞬間だけはお祭りの力を借りて良い子から解き放たれている。その構図は微笑ましいものだと思います。逆に言えば、ちゃんとしろとモラルを説いて抑圧すれば抑圧するほどお祭りはどんどん過激になっていくんだと思います。


良い子であることを常時強制される世の中になってきましたが、たまには良い子じゃなくてもいいタイミングがあった方が良い。ハロウィンはヤンキーのイベントだけど、オタクだったらコミケで徹夜してみたりするのもいい。たしかにゴミは問題だし徹夜組の管理も大変だけど、でも大した問題じゃない。


もちろん僕は千葉雅也さんの全ての意見に賛同するわけではない。彼はオリンピックや部活動とかに対して否定的だが、僕は好きでやってるならとことんやればいいんじゃないって思う。まあでもそれも大した問題じゃない。千葉雅也LOVE♡

キズナアイ炎上関連を眺めていて思うこと

(この記事では通称として、キズナアイを批判してる人達=フェミ、男性オタク=オタク、と呼びます)

僕の理解では、今話題のキズナアイのようなオタク向け女性キャラクターの容姿の起源は少女漫画で、80年代初頭くらいに男性側に輸入され定着したものだ。だから女性にもキズナアイの容姿をカワイイと思う人がたくさんいるのは当然で、元来女性(あるいは子供)向けのかわいいキャラクターを男性が二次創作的に消費しているのだ。


キズナアイ炎上でまた吹き上がっているフェミvsオタク論争が、しばしば全くかみ合わない罵り合いになるのはこれが原因で、フェミ側がキズナアイの容姿を攻撃してもそれは元来女の子向けのものなのだから空回りにしかならないし、オタク側はオタク側で女性向けのキャラクターを二次創作して使っているという自覚が失われている(賢い人は隠している)ので女性だって楽しんでるじゃないかと平気で言う。


というようなことを↓を見て思いましたよ。
togetter.com

プリキュアの抱き枕は女の子向けのものなのでそれ自体への批判はあまりにも筋が悪い。ディズニーが子供向けキャラクター抱き枕(ぬいぐるみ)を出しているのも当たり前でそれは単に子供向けのおもちゃなのだ。しかし女の子向けの女の子のキャラクターを成人男性が利用するという話になるとそこには性的な意味合いなどが含まれることがあり、フェミ側が批判出来るのはこの部分だけであるはずなのだが、こういった場合にオタク側は狡猾に議論を誘導し、そのキャラクター本来の子供向け女性向けであるという属性を使って問題ないと反論する。(ディズニーだって作ってるじゃないか!)


まあそんなこんなでただの罵り合いになるんじゃないかなって思うわけです。

フェミの人達としてはキャラクターそのものへの批判は女性も子供も全てを敵に回すことになって圧倒的に無理筋なので、そのキャラクターに対する成人男性の消費の構造を暴かなければならない。これには頭を使う必要があって勢いだけでは無理なので、もうちょっと落ち着いてオタクの人達の話を聞いたりしながら意見を組み立ててみてもいいんじゃないかなって思うわけです。

オタクの人達も、論破のための狡猾さをすこし捨てて、もう少し真摯にフェミの人達の話に返答してみた方が誠実なんじゃないかなって思います。

Java系の開発環境管理

sdkmanというのちょっと使ってみたら使いやすそうだった。
qiita.com


javaは今後すごい勢いでバージョン上がってくのでこういうの使ったほうが良さそうすね

いい子ちゃん達の世界

今年たくさんサシ飲みを開催して印象的だったことの一つは、飲んでると「タバコもらっていいですか」って言われることが多かったことだ。

みんな普段はタバコとか持ったこともないような顔をしながら生活している人達だったから意外だったというか、相互監視というかカント的モラルが社会から求められているこの時代にみんな頑張っていい子をやってるんだなぁって思った。

それで、いい子じゃなくてもいい空間を作りたいなって思った。

僕は普段は基本的になんでもおkな感じで生きているので、一緒に飲みに行ったりすると抑圧されている部分を解放してあげられたりすることもあるのかもしれないけど、そうはいっても今年みたいなペースで飲み続けてたらお金と体がもたないので、飲みはちょっとおしまいにして他の方法で何かしたいなぁなんてことを、最近はよく考えているけど、はたして。