ギターのスケールというものの考え方

ギターを始めるとある段階で誰しもが出会う「スケール」というものがある。メジャーとかマイナーとか、音階の種類のことで、ギターもある段階まで来ると色々なスケールを弾けるようになろうというものが始まるのだ。


ところが当時の僕はとにかくもうこれの意味が分からなかった。たぶん順序としてギターと同時に作曲も始めてたのが影響している。


例えば、

「Dマイナーコードの上では、DマイナースケールまたはDドリアンスケールが弾けて、マイナースケールだと暗い響きになって・・・」

という話がとてもよく出てくるのだが、もう何が何だかちんぷんかんぷんだったのだ。


というのも、「Dマイナーコードの上ではDマイナースケールあるいはDドリアンスケールが弾ける」なんてことはなくて、あるDマイナーコードの上で弾けるスケールはその前後のコード進行(つまりキー)によって一意に決まるのだ。ギターよりもむしろ作曲の方に熱心だった当時の僕はそれを知っていたので、その後出会ったギターの教則に出てくるスケールの説明が何を言ってるのか分からなかったのである。


でも最近改めてギターの勉強をしているうちに、そこがなんとなく整理されてきた。


まず「このスケールが弾ける」というところについては「たくさんあるDスケールのうちのどれか1つが弾くことが可能」という意味で捉えるのがいいだろう。全てのDスケールを覚えていれば、たしかにそのうちのどれか1つは弾ける。


次に「Dマイナースケールを弾くと明るくなって、Dドリアンスケールを弾くと哀愁感が出る」というスケールの響きについての話だが、これは結果的にそうなるという感じで捉えるのがいいだろう。基本的にはスケールはコード進行によって決められるものであり、演者がコードの上で自由に曲調を選択するために使うものではない。(コード進行の解釈の仕方という面白そうな話はあるが)


くらいで捉えると、個人的にはだいぶすっきりする。


もう1つ重要なことが、現代ギターのルーツがポップスでもロックでもなくブルースにあるというところだ。そのため教則本に出てくるようなギターの基礎的な理論には大いにブルースの要素が含まれている。


ところがこのブルースというのは現代のロックやポップスとは少し様子が違う。今の音楽はコード進行の妙で曲調を出していくことが多いが、ブルースではコード進行が決まっていて、その決まったコード進行上でいかにかっこいい演奏が出来るかという音楽なのである。おまけにブルースのコード進行ではコードの種類もだいたい3つしか出てこない。


決まったシンプルなコード進行の上でいかにかっこいい演奏をするかというブルースの話の上では、「Dマイナーコードの上では、Dマイナースケール、またはDドリアンスケールが弾けて、マイナースケールだと暗い響きになって・・・」というスケールについての説明の仕方はずいぶんしっくりくる。コード進行で差異が作れない分、スケールで違いを作るのである。ジャズではさらにスケールの自由さが許容されているように思う。


だからギターの教則本とかでのスケールの説明の仕方はああいう感じになっているのだろうと思う。

SHISHAMO 「明日も」のコード進行を見てみる

www.youtube.com


イントロ
「D♭→F→B♭m→A♭m→D♭→G♭→Fm7→B♭m→E♭m→G♭→A♭」

→よく分からんので半音上げ「D→F#→Bm→Am→D→G→F#m7→Bm→Em→G→A」


Aメロ
「D♭→G♭→Fm7→B♭m→E♭m→A♭→D♭」

→半音上げ「D→G→F#m7→Em→A→D」


Bメロ
「F→B♭m→E♭m→G♭→A→A♭→B」

→半音上げ「F#→Bm→Em→A#→A→C」


サビ
「G→B7→Em7→Dm7→G7→Cm7→Bm7→Em→Am7→Cm7→Dm7」



もっとハチャメチャかと思って書いてみたけど、こうやって見るとそこまで奇抜でもないかな・・・。どこまで狙ってやってるのか分からないけど、こう見るとサビのDm7が特に目立つけどG↔Gmのモーダルインターチェンジで説明出来るのだろうか。Cm7はわりとよくあるサブドミナントマイナーともみれる。でもCmの7th(B♭)はブルーノート的なものともとれるがかなり怪しい響きをしている。サビのB7とかBメロのFとかは、マイナースケールで見た時のドミナントコードか。


むかしBメロ→サビの転調がおかしいと話題になってたけど、フレーズライクにコードを転調先のドミナントにもっていって一気に転調しちゃうというのは、けっこう僕もやる。つまりBメロ最後のBはEmのドミナントで、EmとGは親戚みたいなものなので、意外といける。


まあしかし全体的にバレーコードで抑えやすいテンションコード(7th,9th)だけを採用しているので、あまり考えず感覚的に作ってこうなってるのだとすると、なかなかの天才肌ですな。

誹謗中傷をやめるというのは

テラハの出演者が亡くなったというニュースがあり、おそらく誹謗中傷を受けたことを原因とする自殺だろうとして広がっている。

news.yahoo.co.jp


これをうけて誹謗中傷なんてやめようという言説が有名人を中心にして広がっている。これで誹謗中傷がなくなるのならいいのだけれど、実際のところ何も変わらないだろう。


誹謗中傷と批判は違うという話は強い。もちろん悪いことがあれば批判は必要だろう。しかしこの2つがどう違うかというのはなかなか難しい問題だ。木村さんに対する誹謗中傷も批判のつもりだったのかもしれない。


僕はポストモダン好きなので、基本的には、物事の意味というのは作者の意図ではなく読者の解釈で成り立っていると考えている。それはこの件でも同じで、批判者の意図ではなく被批判者の解釈が重要なのだ。相手が誹謗中傷だと感じたならばそれは誹謗中傷なのである。


つまり批判が必要であるとする以上は原理的に誹謗中傷は無くならない。それが批判なのか誹謗中傷なのかは受け取る側の解釈だからだ。


ならばせめて、批判が誹謗中傷と受け取られないように努力をする必要があるだろう。それには礼儀をもつことだ大切だ。それは単に敬語を使えばいいというものではない。相手に最低限の敬意をもち、相手にとって失礼にならないように気を付けるという、元来はコミュニケーションの大前提だったはずの何かである。

お家のギターシステムを考える

コロナが来てからというものひたすら家でギターを弾いている。今まではギターをそこまで弾いてなかったし、コンパクトエフェクターを直列に並べて弾いてたのだけれど、ずっと弾いてるともうちょっと快適にしたいと思うようになってきた。なのでコロナの定額給付金を元手にお家のギターシステムを刷新しようと思う。


マルチエフェクター

マルチエフェクターが1つあればだいたいなんでも出来る。まず候補になったのはBOSSのGT1000。


GT1000はなかなか評判もいい。お値段は10万円くらい。多数のエフェクトが内蔵されているし、プリアンプの質も前モデルに比べて大きく向上したようだ。ただ、これを買ってしまうとおそらくもう全てをこれでやることになりそう。センド/リターンが2系統なので、せいぜいプラスαで歪み系エフェクターを繋げるのが精いっぱいだろうか。そうするとエフェクター収集の楽しみがなくなってしまいそうだ。


そこで次の候補はLine6のHelixだ。

Line 6 マルチエフェクトプロセッサー Helix

Line 6 マルチエフェクトプロセッサー Helix

  • メディア: エレクトロニクス


これはマルチエフェクターなのになんとセンド/リターンが4系統もついている。なのでかなり色々出来そう。ただ、お値段が20万円する。センド/リターンを2個増やすためだけに+10万円払うのはさすがにコスパを考えてしまう。


スイッチャー案

マルチエフェクターがいまいちしっくりこないので、スイッチャーを買ってコンパクトエフェクターをたくさん繋げるのが良いのではないかと考えた。

BOSS ボス  Effects Switching System スイッチャー ES-8

BOSS ボス  Effects Switching System スイッチャー ES-8

  • 発売日: 2015/05/28
  • メディア: エレクトロニクス


BOSSのES8。驚愕の8系統のセンド/リターン。もうこれ買っておけば間違いない感しかなくってきた。


スイッチャーに何をどう繋げるか。理想を考えてみた。

  1. オーバードライブ
  2. ディストーション
  3. ブースター+ディレイ(ソロ用)
  4. ディレイ(MIDIでバンク操作が可能なやつ)
  5. モジュレーション系マルチエフェクターMIDIでバンク操作が可能なやつ)
  6. ワウペダル


これでまだあと2個もさせる!うーん、いくらかかるんだこれ、、


ディレイの候補

[国内正規品]Strymon::TIMELINE

[国内正規品]Strymon::TIMELINE

  • メディア: エレクトロニクス

ラルクアンシエルKenのやつもよさそう。


モジュレーション系マルチの候補

最強のふたり

最強のふたり (字幕版)

最強のふたり (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video


2011年公開のフランス映画。事故で全身不随になったお金持ちの人と、その世話係として雇われたヤンキーと、2人の友情を描く作品。実話が元になっているらしい。


全身不随者とその介護の物語と聞くと暗く思えるが、観ているとめちゃハッピーな気分になれるイカした映画だ。


もともとクラシック音楽や演劇など品の高いものを好むお金持ちのおっちゃんが、ヤンキーの影響を受けてどんどん素行不良になっていく。逆にヤンキーのあんちゃんは、お金持ちのおっちゃんの影響を受けて教養を身につけていく。


これは批評家の東浩紀さんがよくキーワードにしている「誤配」で、本来出会わないもの同士が何かの拍子に出会うと、何かよく分からないことが起こる。このよく分からないことを大切にする。お金持ちのおっちゃんはその世界にいたままでは自らの状況に悲観したままだったし、ヤンキーのあんちゃんもその世界にいたままでは将来の展望の全くない荒れた生活のままだった。でもその2人が出会うとイカしたことが起こる。


僕はちょこちょこヤンキーとオタクの話をするのだけど、この2つはどっちが良いとか悪いとかという話になりがちだけど、そうではなくてこの2つが交わることが一番大切なんだと思っている。たとえばネット上では渋谷ハロウィンへの批判が大きいが、そうではなくためしに見物に行ってみると、よく分からないことが起こるかもしれない。そしてそれは人生を一変させるような出来事なのかもしれない。


www.youtube.com

ダイエットをする

僕はもともと週3出勤で2日は在宅だったのだけど、それでも週3日の出勤がなくなるというのは大変なことで、運動不足ここに極まれりな感じになっている。


ということでダイエットをしようと思う。方法はいたってシンプルであり緩い感じで、夕ご飯に炭水化物をとらない作戦である。


せっかくなのでダイエットアプリをインストールしてみた。

www.asken.jp


このアプリはなかなか頑張っていて、ご飯を写真に取ると、画像認識と膨大な料理DBとを駆使してその食事の栄養素を解析してくれたりする。まあ精度はぼちぼちというところだけど、やりたいことは便利である。


それでまあ目標摂取カロリーとかがあるわけなのだけれど、僕のような1日2食生活だとカロリーをクリアするのは非常に容易く、夕ご飯から炭水化物を抜くだけで他はかなりがっつり食べても大丈夫なのである。特に野菜スープを大量に作って何日もかけて食べるというのは非常におすすめな方法で、食事の微妙な物足りなさからくる「もう一品」を野菜スープ増量(カロリーはとても低い)という形で乗り越えることが出来る。


あとダイエットにおすすめなのはセブンイレブンの鳥胸肉のサラダだ。美味しいしカロリーも低いしバランスも良い。

www.sej.co.jp



ということで初めて4日目くらいなのだけど、すでに-1.5kgで78.5kgくらいになっている。73kgくらいまでいくと標準体重よりちょっとだけ下くらいになるので、とりあえずそこを目指すのである。よく高校卒業時の体重がベストと言うのだけれど、それだと66kgくらいでかなり痩せ型になるので、そこを目指すかはまたその後の話になる。

機動戦士ガンダム

めちゃくちゃ久しぶりにファーストガンダムを観た。

第1話 ガンダム大地に立つ!!

第1話 ガンダム大地に立つ!!

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video


1979年放映の国民的アニメ。ところがテレビ放映当初は視聴率がまったくふるわず、実は打ち切りの形で終了している。ところが物語が終盤になるにつれて人気が出始める。宇宙世紀シリーズは物語の中盤は比較的地味な展開が多く、終盤になって大規模宇宙戦闘に入っていくあたりで激アツになるのでなるほどと思う。

このあたりの経緯はWikipediaなどをみると面白い。

ja.wikipedia.org


機動戦士ガンダム宇宙世紀シリーズは戦争がテーマであり、特にロボットアニメであるわりに兵器のリアルさが特徴で、神秘的な力のようなものはほとんど存在せず、モビルスーツスペースコロニーなどサイバーパンク的な想像力の範疇で作られている。平成以降のガンダムでは兵器のリアリティをある程度捨てた部分があるので、宇宙世紀シリーズでしか味わえない戦争のリアルさがある。


昭和のサブカルチャーは時代的に第二次世界大戦を参照しているものが多い。ファーストガンダムはこれが特に顕著で、大戦時の模様がダイレクトに描かれている。まず太平洋戦争の最大の特徴であった戦艦同士の艦隊戦が戦闘のベースになっているし、特攻隊なども出てくる。ジオン軍の破れ方は日本の敗戦の仕方を踏襲している。物語最終盤の決戦では、正規パイロットの多くを失い学徒動員して回しているジオン軍モビルスーツは、性能の劣る連邦軍モビルスーツになすすべなく撃墜されていく。


第二次世界大戦を数多く参照しているリアリティのある戦争描写がファーストガンダムの大きな見どころだろう。


あと、今回宇宙世紀シリーズを見返して特に印象に残ったのは「先に出会った」というフレーズである。なんで戦争なんてするんだという問いかけに、ララァ・スンは「アムロより先にシャアに出会ったのだからしょうがない」というし、サラ・ザビアロフは「カミーユより先にシロッコに出会ったのだからしょうがない」という。


「先に出会った」というのは党派的な闘争の1つの本質であるように思う。しかし彼女たちが聡明なのは「先に出会ったのだからしょうがない」という自らに対するメタ視点を党派性と同時に持ち合わせていることであり、この視点はこの先重要なもののように思う。党派性を持っていることは自然なことだが、しかしそれは単に「先に出会ったからしょうがない」ものなのである。