なんとなく相手の気分が分かるということ

特にアメリカの混乱を見ていると、けっこう本格的に民主主義的なものがまずいことになってるんじゃないかと思う。SNSが普及してまだたったの10年。それまで物理的な距離が守ってくれていたものが崩れているように感じる。


以下の記事で、トッドが民主主義の危機の原因としてエリーティズムを批判している。全く同意見である。エリートよりも大衆の方が正しいというのが民主主義の基本だからだ。

dot.asahi.com


もちろんエリーティズムそのものは最も重要な問題ではない。問題は、SNSによる物理的な距離の消失により、エリーティズムのようなものから大衆が守られなくなったことだ。今は「~が正しい」「~が間違っている」というような安易な言説が大衆を支配している。これでは民主主義が本来持っていた(分散コンピューティングにも似た)堅牢さは失われてしまう。


SNSのような仕組みが今後なくなることがないとすると、どうやってエリーティズム(そして対として発生するアンチエリーティズム)のようなものから自分を守っていくかは重要だ。その答えは政治的な活動ではないだろう。


僕は今は、結局のところ「相手の気持ちを考える」ことしかないのだろうと思っている。


コロナへの対応を見ても「コロナ絶対撲滅すべき」な人もいれば「それよりも日常が重要じゃわい」という人もいる。SNSとかをやっているとこのどちらかに吸い込まれていく。もちろん自分なりに考えをまとめることは大切だし、その結果としてこのうちどちらかにたどり着くならそれは良い事かもしれない。


だけど、こっち側じゃなく反対側に行った人達の気分も本当は分かるはずなのだ。反対側に行った人たちは自分と全く違う人達ではない。むしろ日本では、同じ国に生まれて同じような教育をうけて多くのコンテクストを共有出来ているのでほとんど違いがないとも言える。だから、ほんの少しでも分かろうという意思と、自分がこっち側に来る前はどうだったかをちょっと振り返れば、反対側に行った人達の気分は想像できるのだ。


エリーティズムに襲われると、反対側の人達がどうしようもなく愚かに思える(トランプ支持者や、人種差別的な老人や、西野オンラインサロンメンバー、そしてそれらから見た反対側もまたそうだ)。


その時に、反対側の人達の気分を少しでも想像することが出来れば、その破滅的な構造から逃れることが出来る。そしてそれ以外にはないのかもしない。

理系の人のものの考え方

理系が得意な人のものの考え方というのは、みんなが理科で習った「Aさんが時速5kmで2時間歩きました。進んだ距離は何Kmでしょう?」という問題に集約されている。


これの答えは10kmなのだけれど、冷静に考えれば本当にそんなことあるのだろうか。Aさんが時速5kmで歩けるとして、2時間歩いて丁度10㎞進むなんてことは、現実には起こらないだろう。


この設問自体が非常に理系的であるのは、Aさんが歩くという事象に対して再現性を見出してるところである。理系の人の世界観ではAさんが2時間あるけば、いつだって10km進むのである。この再現性を僕たちは科学的なエビデンスと言って、特に最近はこれこそが最も大切だという向きが強い。


では現実で考えると、Aさんが2時間後にどれくらいの距離歩いているかという問題は、考慮が必要なパラメータが多すぎて答えを導くのは不可能である。地球の裏側の蝶の羽ばたきが起こした嵐がAさんの行方を妨げるかもしれないし、ちょうどその日は深刻な寝不足で途中で千鳥足になってしまうかもしれない。Aさんが歩くという現象はあまりにも複雑すぎて(事実上)再現性がないのだ。


理系の人のものの考え方は「再現性の無い事象から再現性を抽出する」というのが基本にある。複雑な事象の中から再現可能なシンプルな特徴量だけを抜き出して一般化するのである。


たしかのこの考え方によって人類の技術は飛躍的に向上して僕たちの生活を豊かにしてくれている。それはそれとして、もう一方ではそれは複雑さ、現実に存在する多くのパラメータを切り捨てていることなのだということを忘れてはいけないだろう。科学が切り捨てたそれらの複雑さは、案外重要なものである。


ちかごろ「子供が数学で赤点取ってどうしよう」みたいな話を聞くことがあってそんなことを考えた。僕としては文系理系というのは上記のように複雑さと再現性にまつわる世界観の違いのことなので、数学が出来ないというのはある面ではとても良い事なのだと思う。それは世界をありのままに捉えてるということなのだ。Aさんが2時間後にどこにいるのかなんてことはよく分からないままでいい。なぜならAさんが2時間後に10km進んだという答えは、確実に間違っているからである。

ドールにくびったけ

先週末に秋葉原ラジオ会館に遊びに行ったのだけど、コロナの感染者数が東京でも過去最多を更新とか言われてるなかだったけど、みんなマスクしてる以外はいたって日常的な秋葉原だった。老若男女外人さんもたくさんいたし、客引きのメイドさんもたくさんいたし。


僕は最近週一で渋谷に通っていて、渋谷はなかなかたくましい街だなあと感じていたけど、秋葉原も負けていない。


まあ、そんなわけでラジ館内を物色していて、初めて7Fと8Fにあるドール屋さんに行ってみた。ドール屋さんとか行ったの初めてだったのだけれど、これがもうほんとかわいくてお迎えしてしまうかもしれない。やばい。


7Fのお店はazoneというブランドのお店。ここのドールたちの中でも「Alvastaria」というシリーズが独特の世界観のかわいい衣装を纏っていてすごく良かった。

f:id:fujiriko59:20201123205648j:plain
Alvastaria::商品詳細


いやーこれはかわいい。ドールのかわいさの半分は衣装のかわいさだね。近くでよく見れば見るほど服がよくできててかわいい。あー連れて帰りたい。みなさまも秋葉原に行った際には是非ラジ館の上の方へ。8Fのお店にはさらに大き目な初音ミクのドールとかも飾って合って、これがまたすごい。

ツイッターを離れる

最近ツイッターを辞めた方がいいのではないかと思って、少し距離を置くようになった。


ツイッターは10年来使ってきていて、2010年代は僕の生活の1つの中心であった。まあその中で色々と問題も見えてきていた。そういえば2017年ころにはSNSヤバイという曲を作ったりなんかしてたので、まあこの頃にはかなり確信をもってツイッター良くないと思っていた。


基本的にはツイッター各種問題は、その使い方に問題があるという風に考えていたのだけれど、今年に入ってからはツイッターそのものに原理的な問題があると強く考えるようになった。


元々ツイッターというのは、普段はなかなか話せないようなプライベートな話をみながツイートすることで、多様な価値観が可視化されるような場所だった。それが好きだった。


人と人とが接触すると「誰かと話して考え方が変わった」という現象が起こる。この現象は一般的には良い事だと受け取られる。誰かと話て世界を広げられたのだ。しかしながら、「考え方が変わった」ということはそれまで考えていた事はどこかにしまったということなので、損なわれたものも確かにあるのだ。


SNS上では人と人との接触が過剰になるため、「考え方が変わった」という出来事が頻繁に起こる。特にツイッターにはいくつかの響きの良い話や、心が躍る友敵構造があるので、ユーザーはそちらの方向に考え方を変えていく。時として、自分の考え方が変わったことに気が付かない。みなが考え方を変えていった結果として、多様だった考え方は有限のパターンに収束し、他の誰かと同じことを話し始める。SNSはそういう構造になっている。


今年いろいろと話題だった「ハッシュタグで政治参加」みたいなものはこの同化現象の1つの極致である。200万人だか300万人だかがたった数十文字のissueに賛同する。そのうちのほとんどの人は元々そんなもの気にも留めていなかったはずだ。しかしあのハッシュタグがタイムラインに流れてくると、それは強い強制力持っていて、それを見かけた数分後には(まるで自発的かのように)ハッシュタグをツイートしてしまう。しかしそれは政治参加をしているのではなく、ただSNSの同化構造に取り込まれただけなのである。


宇野常弘さんがよく「SNSの登場によって、人々が考えてることはみなほとんど同じだということが明らかになってしまった。」と言ってるのだけど、僕としては元からそうだったのではなく、多様な感性や価値観がSNSにより損なわれてしまったのだと考えている。


結局のところ、個々人が自分独自の考え方を維持し続けるためにはそれがある程度「秘密」になっていることが重要であり、その秘密は当人にとって信頼のおける人に対してのみ開示されるべきものであり、その秘密の内容を公開してみなで議論しようなどということをしてしまうと、既存のパターンに収まるように矯正されてしまうのである。


別の言い方をすれば、ツイッターというのはPrivate空間の新しい形だと思われていたが、それは幻想で、ツイッターというのは完全に従来どおりのPublicな空間であり、Publicなものに対して何かをしようという気は僕にはないのだ。それに過剰に関わると、矯正されてしまうからである。


この現代的な問題を解決するためには、上記のSNSの構造を脱構築する必要があるが、しかしそれをSNS上で行おうとすると原理的に自らがSNSの構造に取り込まれてしまう。


これは余談だけど、民主主義というのは案外プライベートが重要である。人と人同士がある程度疎結合の状態になっていることが、民主主義のシステムとしての堅牢さを担保している。SNSが出来て社会的な議論が活性化したことにより、人同士の密結合化が起こり、民主主義というシステムが脆弱になっている可能性が高い。皆で議論して1つの結論を導き出すというのは、誰かが1人で考えているのとあまり変わりがない。個々人がそれぞれバラバラに判断して投票出来ることがなによりも重要なのだ。個々人のユニークな判断力がSNSの同化構造にハックされた瞬間に、民主主義の堅牢さは損なわれる。

ギターのスケールというものの考え方

ギターを始めるとある段階で誰しもが出会う「スケール」というものがある。メジャーとかマイナーとか、音階の種類のことで、ギターもある段階まで来ると色々なスケールを弾けるようになろうというものが始まるのだ。


ところが当時の僕はとにかくもうこれの意味が分からなかった。たぶん順序としてギターと同時に作曲も始めてたのが影響している。


例えば、

「Dマイナーコードの上では、DマイナースケールまたはDドリアンスケールが弾けて、マイナースケールだと暗い響きになって・・・」

という話がとてもよく出てくるのだが、もう何が何だかちんぷんかんぷんだったのだ。


というのも、「Dマイナーコードの上ではDマイナースケールあるいはDドリアンスケールが弾ける」なんてことはなくて、あるDマイナーコードの上で弾けるスケールはその前後のコード進行(つまりキー)によって一意に決まるのだ。ギターよりもむしろ作曲の方に熱心だった当時の僕はそれを知っていたので、その後出会ったギターの教則に出てくるスケールの説明が何を言ってるのか分からなかったのである。


でも最近改めてギターの勉強をしているうちに、そこがなんとなく整理されてきた。


まず「このスケールが弾ける」というところについては「たくさんあるDスケールのうちのどれか1つが弾くことが可能」という意味で捉えるのがいいだろう。全てのDスケールを覚えていれば、たしかにそのうちのどれか1つは弾ける。


次に「Dマイナースケールを弾くと明るくなって、Dドリアンスケールを弾くと哀愁感が出る」というスケールの響きについての話だが、これは結果的にそうなるという感じで捉えるのがいいだろう。基本的にはスケールはコード進行によって決められるものであり、演者がコードの上で自由に曲調を選択するために使うものではない。(コード進行の解釈の仕方という面白そうな話はあるが)


くらいで捉えると、個人的にはだいぶすっきりする。


もう1つ重要なことが、現代ギターのルーツがポップスでもロックでもなくブルースにあるというところだ。そのため教則本に出てくるようなギターの基礎的な理論には大いにブルースの要素が含まれている。


ところがこのブルースというのは現代のロックやポップスとは少し様子が違う。今の音楽はコード進行の妙で曲調を出していくことが多いが、ブルースではコード進行が決まっていて、その決まったコード進行上でいかにかっこいい演奏が出来るかという音楽なのである。おまけにブルースのコード進行ではコードの種類もだいたい3つしか出てこない。


決まったシンプルなコード進行の上でいかにかっこいい演奏をするかというブルースの話の上では、「Dマイナーコードの上では、Dマイナースケール、またはDドリアンスケールが弾けて、マイナースケールだと暗い響きになって・・・」というスケールについての説明の仕方はずいぶんしっくりくる。コード進行で差異が作れない分、スケールで違いを作るのである。ジャズではさらにスケールの自由さが許容されているように思う。


だからギターの教則本とかでのスケールの説明の仕方はああいう感じになっているのだろうと思う。

SHISHAMO 「明日も」のコード進行を見てみる

www.youtube.com


イントロ
「D♭→F→B♭m→A♭m→D♭→G♭→Fm7→B♭m→E♭m→G♭→A♭」

→よく分からんので半音上げ「D→F#→Bm→Am→D→G→F#m7→Bm→Em→G→A」


Aメロ
「D♭→G♭→Fm7→B♭m→E♭m→A♭→D♭」

→半音上げ「D→G→F#m7→Em→A→D」


Bメロ
「F→B♭m→E♭m→G♭→A→A♭→B」

→半音上げ「F#→Bm→Em→A#→A→C」


サビ
「G→B7→Em7→Dm7→G7→Cm7→Bm7→Em→Am7→Cm7→Dm7」



もっとハチャメチャかと思って書いてみたけど、こうやって見るとそこまで奇抜でもないかな・・・。どこまで狙ってやってるのか分からないけど、こう見るとサビのDm7が特に目立つけどG↔Gmのモーダルインターチェンジで説明出来るのだろうか。Cm7はわりとよくあるサブドミナントマイナーともみれる。でもCmの7th(B♭)はブルーノート的なものともとれるがかなり怪しい響きをしている。サビのB7とかBメロのFとかは、マイナースケールで見た時のドミナントコードか。


むかしBメロ→サビの転調がおかしいと話題になってたけど、フレーズライクにコードを転調先のドミナントにもっていって一気に転調しちゃうというのは、けっこう僕もやる。つまりBメロ最後のBはEmのドミナントで、EmとGは親戚みたいなものなので、意外といける。


まあしかし全体的にバレーコードで抑えやすいテンションコード(7th,9th)だけを採用しているので、あまり考えず感覚的に作ってこうなってるのだとすると、なかなかの天才肌ですな。

誹謗中傷をやめるというのは

テラハの出演者が亡くなったというニュースがあり、おそらく誹謗中傷を受けたことを原因とする自殺だろうとして広がっている。

news.yahoo.co.jp


これをうけて誹謗中傷なんてやめようという言説が有名人を中心にして広がっている。これで誹謗中傷がなくなるのならいいのだけれど、実際のところ何も変わらないだろう。


誹謗中傷と批判は違うという話は強い。もちろん悪いことがあれば批判は必要だろう。しかしこの2つがどう違うかというのはなかなか難しい問題だ。木村さんに対する誹謗中傷も批判のつもりだったのかもしれない。


僕はポストモダン好きなので、基本的には、物事の意味というのは作者の意図ではなく読者の解釈で成り立っていると考えている。それはこの件でも同じで、批判者の意図ではなく被批判者の解釈が重要なのだ。相手が誹謗中傷だと感じたならばそれは誹謗中傷なのである。


つまり批判が必要であるとする以上は原理的に誹謗中傷は無くならない。それが批判なのか誹謗中傷なのかは受け取る側の解釈だからだ。


ならばせめて、批判が誹謗中傷と受け取られないように努力をする必要があるだろう。それには礼儀をもつことだ大切だ。それは単に敬語を使えばいいというものではない。相手に最低限の敬意をもち、相手にとって失礼にならないように気を付けるという、元来はコミュニケーションの大前提だったはずの何かである。