監獄の誕生

監獄の誕生(監視と処罰)という本がある。人文系の人には有名な本なのだろうけど、20世紀を代表する哲学書のようだ。

監獄の誕生 ― 監視と処罰

監獄の誕生 ― 監視と処罰


18世紀から19世紀にかけて、ヨーロッパでパノプティコン型刑務所という新しいスタイルの監獄が生まれ、権力の構造が変化したという話。

ja.wikipedia.org


簡単に書くと以下のような条件を満たすような構造の刑務所のこと。

  • 受刑者は独房に監禁される。
  • 少数の監視者で全独房を素早く監視出来る。
  • 受刑者側からは監視者の姿が見えない。


これが考案された18世紀当時は、これを満たすようなものを作ろうとするとかなり大がかりなものになっただっただろうが、テクノロジーが発展した現代には監視カメラがあり実装するのは簡単だ。(ただし日本で本当にこの刑務所を実装すると人権侵害になるようだ)


パノプティコンの発想としては、上記の条件を満たす刑務所に受刑者を監禁すると、受刑者はいつ何時監視されているのか分からないので、「監視されているかもしれない」という思い込みによって規範的な行動を取るようになる。極端な話、監視者はいなくてもよくなる。監視者は受刑者の心の中に勝手に存在しているのである。


これだけだと刑務所の中の仕組みなんて知らんがなとも思うけど、刑務所というのは要するに権力(規範)に従わない者を従わせるための装置である。もっと昔は公開処刑など残酷な処罰を見せびらかすことでそれを達成していた。パノプティコンという哲学は、常に監視をされていると思い込ませることにより人を規範に従わすことが出来るというものだ。


このように監視というのは権力と密接に関わっている。そしてこのやり方は絶対的な権力者が不在の民主主義とものすごく相性がいい。なぜならば、監視さえ機能していれば権力者そのものは不要だからである。監視される人の心の中に勝手に権力者が生まれるのである。


21世紀になり監視社会は問題だという声も聞くが、全体としては「超」監視社会に向かっている。もはやだれもが常にビデオカメラを持ち歩いているし、ある程度の都市ならいたるところに監視カメラがあるし、車にもビデオカメラを装着するのが主流だ。そして人々の生活の一部分がインターネット上(SNS)に移行したことにより、監視カメラの映像を共有することは簡単になったし、ライフログを追うことも簡単に出来る。


これは昔の絶対的な権力者が、残酷な処罰を以て人々の行動を制限していた時代と変わらない。むしろ、監視カメラが至る所にあり、誰もが心の中に権力者を飼っている現代社会は、自制という形でより行動を制限された状態といえる。

ニコニコ動画とボカロ曲のラウドネス問題

今年に入ってニコニコ動画ラウドネスが実装された。

ch.nicovideo.jp


今週になってスマホアプリでもラウドネスが実装され、ラウドネス対応は完了したようだ。(スマホWebは未確認。)

blog.nicovideo.jp



ラウドネス機能というのは、再生プレイヤーが音量を自動で調整する機能のこと。Youtubeは何年も前に実装済みで、音楽配信Spotifyなどもラウドネスが実装されている。この機能があることによって、動画ごとでまちまちになっている音量が自動調整されるため、視聴者がいちいちボリュームを調整する負担が減り快適な視聴を行うことが出来る。


なのだが、再生プレイヤーが勝手に音量を操作してしまうというのはデメリットにもなる。ニコニコ動画の場合はこのデメリットをボカロ曲が被りそうだ。


長年ニコニコ動画にはラウドネスはなかったので、ボカロ曲の投稿者は音量に関してはCD品質でアップロードしていた。ニコニコ動画に投稿されているボカロ曲はCDで聴くのと同じ音の大きさに聴こえるように音量が調整されている。この調整する作業のことをマスタリングという。


ここで厄介になるのが、人が感じる音の大きさと、曲データ上の音の大きさとは必ずしも一致していないことである。

  • 10デシベルの音量で、ボーカルの歌だけが再生されるデータ
  • 10デシベルの音量で、ボーカルギターベースドラムのバンドサウンドが再生されるデータ


例えばこのようなケースだと、同じ10デシベルでも前者の方が音が大きく聴こえる。前者は歌だけが10デシベルで鳴っているのに対し、後者は4パートが鳴っているので、歌自体の音量はたとえば10デシベルのうちの2デシベルとか3デシベルとかになる。そうすると歌の音量感が半分以下になるので、後者の方が音が小さいと感じるのだ。


マスタリングという工程では、このような「人が感じる音の大きさ」という曖昧なパラメータを調整する。ニコニコ動画にアップロードされているボカロ曲は、CDと同じ大きさに聴こえるようにマスタリングされている。つまり、どの曲を聴いても再生プレイヤーの音量が一定であればだいたい同じ大きさに聴こえるようになっていたのだ。


しかしラウドネスという機能は再生プレイヤーの音量を動画ごとに自動で変えてしまう。この時、ラウドネスの基準となる音量値と、人が感じる音量感とが、まだまだ一致していないところに問題がある。ボカロ曲はマスタリングという工程でもともと音量感が揃えられているにも関わらず、ラウドネスはその独自の基準で動画ごとに再生プレイヤーの音量を変えてしまうのだ。


ラウドネスが有効になっている場合、歌や楽器のパート数が少なく静かめの曲調のボカロ曲の音量がやけに大きく再生されてしまうということになるかもしれない。逆にPerfumeみたいに常に大きな音量で鳴っているような曲はやけに小さく再生される。これはボカロ曲を連続再生している場合などにはかなり不快な事態である。


この問題を回避するために、ニコニコ動画の再生プレイヤーでは視聴者がラウドネスを無効にすることが出来る。無効にすれば、これまでと同様にボカロ曲を聴くことが出来る。しかしこの場合、ラウドネスを有効にしている視聴者と無効にしている視聴者という2パターンの視聴者が生まれてしまう。


今後ラウドネスが有効となっているのが前提であれば、ボカロPたちはラウドネスがかかった時に一番良く聴こえるようにマスタリングをするので、この先アップロードされていくボカロ曲の音量感は安定してくだろう。ところがラウドネスは無効にすることができ、しかも上記のような理由から、ボカロリスナーにはラウドネスを無効にするインセンティブが働いていると考えられる。


このため、これまで通りCD基準でマスタリングした音源と、ラウドネス基準でマスタリングした音源と、どちらにするのかボカロPによってマチマチな状態でボカロ曲が投稿されていくと考えられる。(悪いことに、両者は仕上がりの音量が大きく違う)


最も悪い予測は、ラウドネスの存在に気付かないボカロリスナーが、ラウドネスにより不安定な音量になったボカロ曲を視聴して、ボカロ曲の音質悪くなったと感じることである。


みんなどうするんだろうか。僕は面白そうだからラウドネス前提でやっていこうかなあとも思うけど、さてはて。

ツイッターについて

本当はツイッターを今すぐにやめた方がいいのだけれど、なかなか踏ん切りがつかない。


自分で言うのもアレなんだけど、僕は対面での話し相手としてはけっこう面白いのではないかと思う。人を評価してくる人と話すのは非常に苦手なのだけど、そうでなければわりと誰とでも話せる。


ところが困ったことに、僕が会話する時はツイッターに書いたことを思い出しながら話ていることが多い。何かの話題について一度ツイートするというのは記憶の定着にはかなり貢献するようだ。


ツイッターに書いた事を思い出し、それをもう1段メタな視点から捉えなおす。わりとラジカルな僕のアカウントのツイートを第三者視点で批評するようなスタイルで、その場のTPOに合わせて会話する。


それが僕の会話スタイルの大きな部分を占めていて、このおかげで10代の子とも普通に話が合うし、40代の主婦の人とかとも普通に話が合う。


そんなわけでツイッターをやめることのデメリットも個人的にはあったりするのでなかなかやめれない。しかし明らかにやめた方がいい。ノリがせめぎ合う空間は見るに堪えないし、メンタルヘルス的にもよくないだろう。


ツイッターを本格的にダメだこれと思ったのは京アニ事件の時だったが、近頃はコロナウイルスが話題で、コロナウイルスに関するツイッターの感じも本当に嫌な感じだ。


片方では毎日コロナウイルスの話題をしている。その中でも強制派と封じ込め派というノリがあって、よく分からん罵り合いを毎日している。その一方では、コロナウイルスについて黙るノリがある。黙ってなんともないふりをしながら、コロナウイルスの話題をしているノリを冷ややかな目で見ている。


ずいぶん前から書き続けているけど、だいたいのことはどっちでもいいことなのだ。どっちのノリが上とか下とか、勝ちとか負けとかではなく、どっちでもいいのだ。


だけどツイッターというプラットフォームは「どっちでもいい」という複雑な結論を許容しない。利用者というよりはプラットフォームの問題である。



まあということで考えた結果、ツイッターは徹底的にメモとして使うことにした。あらゆるノリに関与しない個人的な公開メモだ。というか「つぶやき」という言葉通り、単に個人的なものが集合している状態が、面白かったころのツイッターだったと思う。


それとは別に、音楽用のアカウントを別に切り離そうと思う。今の時代SNSなしで音楽をやるイメージがつかないので、もうこれはしょうがない。ただそこも少し考えていて、そっちは天上から下界を見下ろすようなアカウントにしたい。これは東浩紀さんがよく言ってる演者と観客との間の距離感についての話を参考にする。ステージ上と客席とを明確に分けるのだ。


まあそんな感じでまだしばらくはツイッターを続ける。他にもっと良いメモアプリがあればいいのだけれど。

好きなユーチューバー1

近頃はほんとユーチューブをよく見ているので、なんとなく好きなユーチューバーさんをつらつらと。

こうちゃがーでん

www.youtube.com

もともとアクア系のユーチューバーとして見始めたユーチューバーさん。最近はアクア動画よりもモルモットにバイクに釣りにと色々と動画にしている。


こうちゃさんのしゃべり方がとても好きでどの動画も観ているとなんだか落ち着く。でもそれだけでなく、部屋の中でモルモットたくさん飼ってたり水槽たくさん置いてたりでやってることがすごい。


アクアリウムって水槽立ち上げとかしない限りはほとんど動画ネタがないので、面白いアクア系ユーチューバーがいてもだいたい1年たたずに動画投稿頻度ががくっと下がるのだけど、こうちゃさんは長い事続けていてうれしい。


最近の動画だと、釣ってきたハゼを飼い始めるのがよかった。

www.youtube.com


モルモットも超かわいい。

www.youtube.com



ゆめラジオ

www.youtube.com

ユーチューブにはメンタリストDaiGoとか教育系ユーチューバーたくさんいるけど、一番信頼しているのはゆめラジオさん。


哲学・社会・歴史を中心にしたチャンネルだが、特に哲学の厚みがすごい。このチャンネルにはノブレスオブリージュという言葉が似合うというか、これが無償で聴き放題なのだからインターネットというのはすごいものだ。


ゆめラジオさんの特に好きなところは型にハマっていないところで、哲学/人文知をやってる人はだいたいセットでリベラルであり反安倍とか自由が大事とか言ってるという人が多いのだけれど、ゆめラジオさんはそうではなくナショナリズムが大事だという。つまり、ネットだとリベラルからいわゆるネトウヨと言われるような思想を持っている。


でも思想史にめっちゃ詳しい。こういう人は珍しい。


好きな動画を選ぶのは難しいけど、最近のだと「人は言語なしで思考できるか?」という動画はとてもよかった。「言語なしの思考とはどういうものかをいつも考えてるけどなかなか答えが出ない」と言っていて、僕は感動してしまった。即物的な今の時代はそんなことを考えていてもお金にはならないし誰も評価してくれない。それでも、そういうことを考えてる人がここにいるというのは、感動的なことだ。

www.youtube.com

香川県のネット・ゲーム依存症対策条例について

どうも本当に成立してしまうような流れになっているようだ。

headlines.yahoo.co.jp


正直なところ、ゲームをやるやらないはどっちでもいい話だろう。ゲームをたくさんやった人にはその人なりの人生があり、ゲームをやらなかった人にはその人なりの人生がある。


この条例はゲーム時間を制限するルールを作りましょうという話なのだが、この条例に賛成している親御さんには懸念がある。きっと条例施行後に家庭内でルールを作る際に「条例だから」というワードが飛び出しまくるんだろう。


ゲームを制限されるというのはゲームが好きな子供にとってはとても理不尽なことだ。その子供が感じる理不尽さに対して説得することなしに「条例だから」という一方的な権力でごり押しすると、子供からの信頼を失う。それは親側で見れば自業自得ともいえるが、親を信頼出来ないというのは子供にとってとても不幸なことだ。


この条例に賛成している親御さんがいたら、こんな条例が出来る前に、今日にでも家庭内でゲーム時間を規制する自分と子供との間だけのルールを話し合って作るのがいいのではないだろうか。


反対している親御さんはガン無視でいいだろうし、どっちでもいい親御さんは子供にまかせておけばいい。

セックス

ちかごろ性欲について考える。


まあこれは個人的な考えで多様な性の形態のような話も完全に無視するが、男性の性欲というのは女性の身体を支配するというところに根差していて、逆に女性の性欲は男性に身体を支配されるところに根差しているんじゃないかと思う。


だから自然状態においておくと、両者の思惑の結果、男性が支配しやすいように女性側にどんどん制約が課されていく。ざっくばらんに言えば、女性側に何らかの制約が課されているという状態はエロい。


もちろん人には性欲以外の価値観があって、近年その存在感はどんどん大きくなってきて、女性側の制約をなくしていこうという運動が盛んになってきている。しかし一方ではたしかに性欲が存在している。


これはとても二重人格的であり、昨今のオタクフェミ論争のような混乱の元になっているだろう。


僕はオタクフェミ論争についてはどちらも言ってることが理解出来る。オタク側の表現の自由的な話も分かる。しかし一方で、フェミがオタク的女性表象に対して怒るのも分かる。それは上記の通り、エロと女性の社会的制約というのは直結しているからだ。そしてある意味では、オタク的二次元の女の子というのは女性に対してあらゆる反抗をゆるさない究極の制約を課した状態であるといえるからだ。またその一方で、エロくありたいという女性たちがいるのもまた必然である。

東のエデン

山と山との間を流れる川が侵食して出来た小さな平地が僕の町だった。空は小さく、東西南北どこを見渡しても視線はすぐに山で遮断される。


町の外とは物理的に遮断されていて、川の崖沿いに敷かれた一本の道か、トンネルを何個も通り抜けなければならない電車だけが町の内と外とを繋いでいる。(これらの通路がたまに土砂崩れなどで破壊されると大変なことになる。)


僕は小学生の高学年のころには山の向こう側に強い憧れを持つようになる。特に東の山の向こう側だ。東の山の向こう側には、文字通り東の都、東京があるのだ。だからか僕はだんだんと町の東側で遊ぶことが多くなったし、東の山に登ってみたりもした。


高校生までの18年間、僕はこの山で囲まれた町で過ごした。


大学進学とともに、僕はようやくこの町から出ることになった。新しい町は大都市とはいえないけど小さくもないという地方都市で、大学の間はそこで暮らした。


それはもう全く違う世界だった。家の近くに24時間営業のコンビニがあり(山の中のコンビニは22時に閉まっていた)、ガストがあり、マクドナルドがあった。今でも豊かな町というと、24時間営業のジャンクなお店たちを思い浮かべるのはこの時の感動が大きい。僕にとっての自由の象徴なのだ。


新しい町で暮らすと同時に、今に至る長い一人暮らしが始まった。それまで僕はとにかくテレビゲームを思う存分やりたかったが、いざ膨大な時間が出来てみるとゲームはそれほどやらなかった。それよりもインターネット上の個人サイトや2ちゃんねるなどに興味が移り、ネットをしている時間が一番長いという、これまた今に至る生活が始まった。


そんな大学生活は色々あったが総じて楽しかった。


そんな大学生活が卒業間近になっても就職活動はしなかった。この頃は就職氷河期だとか言って新卒の行く末を憂う話も多かったと思うが全く興味がなく、近くの家電量販店とかでレジとかやって平穏に暮らせばいいやと思ってた。


そんな感じで全く就職活動をしなかったら研究室の教授がマジギレしてしまった。しかたなく大学で求人を探すと、情報系の学部だったので中規模SIerの求人があった。ちゃんと就職活動してましたよというアリバイを作るために受けてみたのだが、なんと内定が出てしまった。


そのSIerは全国の主要都市に支社があり、僕は愛知県で働くことになった。


当然のことながら愛知になんて知り合いも一人もいないので、ここで生まれて初めて孤独の味を味わった。とにかく遊ぶ人がいないので、毎日深夜まであてもなくドライブをしていた。


といいつつ孤独を噛み締めていたのもわずかな間で、ちょうどそのころニコニコ動画が始まったり、先輩にFF11に誘われてやってみたり、先輩に大量のアニメのDVDを借りてみたりしているうちに、すっかりネットの住人になってしまい、孤独を感じることもなくなった。


もともと超適当に働き始めたわりには仕事は順調で、入社3年目くらいにはチームリーダーのようなポジションになった。


でも家に帰ったらひたすらインターネットをしていて、インターネット愛してるという状態にまで極まってしまった僕は、SIerを辞めてWeb系で働こうと思った。そのころ東日本大震災が起こり、日本社会の混乱の中でいよいよインターネットが新しい社会を作るという機運も高まっていた。


とりあえず会社を辞めてニートになった。送別会の挨拶で「次はどうするんですか?」と聞かれて「ニートになります」と答えたらけっこうウケた。


ニートになってからというものずっとFF11をやっていた。寝るか、コンビニに行くか、あとはFF11をやっていた。


半年ほどFF11をやってコンテンツをやりつくしたので働くことにした。SIerでの働き方はサラリーマン的でストレスフルだったので、就職するのは「Web系/小さな会社/スーツ着ない/東京」という条件で探すことにした。ここでも条件を満たす会社を適当に受けたら内定をもらったので、今も働いている会社に就職することになった。


そんなわけで東京での暮らしが始まった。僕にとっては4つ目の町が東京になった。東京での仕事も順調だった。いくつかの大きなWebサービスに携わることが出来たし、職場環境も目的としてたWeb系のやつそのものだった。



そんなある日ふと、小学校の頃に東の山の向こう側にある東京に憧れていたことを思い出した。当時はすでに色々なWebサービスが生まれていて、その中にGoogle Mapという地図のサービスがあった。


そこでGoogle Mapであの町の東の山の向こう側をみてみた。そこには今ようやくたどり着いた大都会東京があるはずだった。


東の山の向こう側にあったのはまかいの牧場だった。

makaino.com